「多摩の作り手さんの手仕事を届けたい」という想いで始まったプロジェクト。
第一弾は、野村園さんのティーギフト。
野村さんの茶畑に大人の遠足に行きました。

野村さんは、マルベリーフィールドの「大人の教養講座」で日本茶のすばらしさについて作りての立場から語ってくれた、若い茶農家さん。
日本の茶文化を広げていきたいという野村さんと意気投合した、マルベリーフィールドのオリジナル商品ができました。

野村さんの茶畑を訪ねて

野村園は、1945年創業の小さな狭山茶農園・専門店。
埼玉県入間市の自園で育てた茶葉を100%使用し、茶葉の栽培・お茶の製造・パッケージデザイン・袋詰めまで
ほぼ家族のみの手で、大切に手づくりしています。
野村園の作るお茶は、緑茶・紅茶・焙じ茶の3種類。
減農薬で育てたお茶は、香り高く、しっかりとした味の濃さが特徴で、コクがありながらも爽やかな後味。

こちらが、野村園のオーナー野村翔一さん。先祖代々続くお茶農家で、茶摘みの時期である5月はお茶農家の繁忙期で、ゴールデンウィークはどこにも連れて行ってもらえなかったと笑います。野村さんは、東京農業大学で地水工学を学んだ後、一般企業に就職。その後、お父様の引退をきっかけに、地元産業である狭山茶が自分の代で途絶えるのは淋しいとお茶農家を継ぐ決心をしたそうです。現在は、奥様の奈美さんと共に季節のギフトやネットショップなど、新しい挑戦もされています。

お茶の魅力を広げるために

1.3ヘクタールの広大な敷地で、気象条件や土壌条件、茶樹の状態や化学的なpH値など様々な条件が重なるなど、自然との対話が続きます。ある年は寒波による赤枯れに悩まされたり、ある年は機械の見直しが必要になったり。

「8年目を迎えるが、去年の僕には今の問題点は予想できない。問題を解決しながらも、常に新しい取り組みをしていきたい。」とやりがいを語ります。紅茶などの商品開発や、季節に合わせたプチギフトを企画、茶摘みのワークショップなど、お茶の魅力を広げる取り組みにも力を入れています。

マルベリーフィールドのお茶ギフト

そんな野村さんが丹精込めて育てて、作ったお茶を、今回特別に「マルベリーフィールド仕様」にしてお届けすることになりました。
和菓子はもちろん、洋菓子やチョコレートなどにも合いますよ。
緑茶はもちろん、同じ茶葉から作る紅茶・ほうじ茶もおすすめです。
目をつぶると緑豊かな茶畑にいるよう!香りをぐんと吸い込んで、野村園こだわりの味、ぜひご堪能ください。
さやま緑茶・ほうじ茶・紅茶のティーバックが各10袋をお入れして、マルベリー別注ギフトボックスに入れてお送りします。

野村園×マルベリーのティーギフトボックス

さやま緑茶・ほうじ茶・紅茶のティーバックが各10袋入ったギフトボックスです。
マルベリーフィールドの紙袋をつけてお送りします。

[価格]¥3,500(税込み・送料無料)

購入を通じて支援する

 

>特定商取引法について >ショッピングガイド

 

お茶が楽しくなるおはなし

野村園さんのお茶にまつわる、おはなし、あれこれ。

さやま緑茶・ほうじ茶・紅茶のティーバックが各10袋入ったギフトボックスです。
マルベリーフィールドの紙袋をつけてお送りします。

[価格]¥3,500(税込み・送料無料)
購入を通じて支援する